右脳型

カラーバリエが豊富なチャイルドシートと言えばコンビの「コッコロ(Coccoro)」です。

 

実際にチャイルドシートを使うお子様にも気に入ってもらえるであろうカラフルさが「コッコロ」にはあります。

 

新生児期から使える「コッコロ」は、4歳相当の体格になるまで使え、ファーストチャイルドシートにぴったりです。

 

とはいえ、もっとロングスパンで使えるチャイルドシートのほうがいいのではと考える人もいるでしょう。

 

確かに、「コッコロ」はロングスパンタイプとは言えません。
が、「コッコロ」の最大の魅力は使用可能期間ではないのです。

 

「コッコロ」最大の魅力とは、コンパクトさ。

 

重量は4.6キロと軽量。ママひとりでも取り付けしやすい重量です。何より、軽自動車やコンパクトカーの広いとは決して言えない車内でも後部座席にふたつ同時に取り付けできるほどのコンパクトなサイズで、双子や歳の近い兄弟姉妹を育てるパパ&ママの味方となってくれます。

 

授乳時はまだまだ栄養不足になりがちなので葉酸はしっかりと補給しましょう。

 

コンパクトでありつつも、2006年から施行となった新基準(ECE)はクリア。すなわち、後方からの衝突や衝突による衝撃で頭部が移動してしまった時などに満たすべき基準が強化されています。

 

大手ベビー用品メーカー・コンビの技術が詰まった「コッコロ」は、コンパクトながらも頼もしいチャイルドシートなんですね。

続きを読む≫ 2014/03/11 21:50:11

全身性多汗症についてみてみましょう。多汗症には、全身性多汗症と局所性多汗症があります。全身性多汗症とは、手のひらや足、わきの下など一般的に汗をかきやすい場所だけではなく、背中やお尻、おなかや胸など全身のあらゆる場所からの汗が多くなっている症状のことを言います。

 

原因としてはさまざまありますがどのようなものがあるのかを整理してみましょう。まず基本的なものとしては「遺伝体質」です。汗をかきやすい、というのは体質であることも多く、遺伝することでもあります。

 

また「病気」によっても全身性多汗症となる場合があります。急性リュウマチや結核、バセドー氏病、生殖器障害になると全身性多汗症として汗が出てくることがあります。

 

こうした障害を1つ対処法としては適度な運動を始めることです。40代になれば肉体改造ではないですが多少なりと燃焼系の体を作っておくべきですね。

 

全身性多汗症の原因として最も多いのがこの、病気や疾病によるものとなっています。そのため、病気の発見の一つの目安としても考えられていますので、全身から汗が出てくる場合には一度医療機関での診察を受けてみるとよいでしょう。

 

そのほかにあるのは、「体力低下」と「更年期」です。女性特有の更年期障害の一つとしての症状になるのが全身性多汗症です。

 

女性ホルモンの分泌量が極度に低下することでホルモンのバランスが崩れてしまいます。体温調節がうまく機能しなくなったことによって汗が多く出るという症状につながっていきます。特に上半身に汗をかきやすくなり、自分の汗によって冷えを感じるほどだという人も少なくありません。

続きを読む≫ 2014/02/06 23:22:06

血糖値を下げる為に出来ることとして、食事の他に運動も必要不可欠です。

 

激しい運動でなく、適度な運動をする事によってインシュリンがよく働くようになります。更に、運動をすると血液の中に含まれるブドウ糖が筋肉に運ばれるので血糖値が下がりやすくなるのです。

 

このように、運動をすることで血糖値を下げるのに有効な働きかけがたくさん起こります。

 

ただ、血糖値が上昇しすぎたり放置したりした為に運動が役に立たないくらいの合併症を発症している場合や、心臓に疾患のある場合は担当の医師に相談しましょう。

 

また、お腹が空いている時には血糖値は低いので、その状態のときに運動をすると更に血糖値が下がってしまい低血糖の症状が出ることもあります。

 

血液がどろどろの場合は血液をサラサラにする食べ物を積極的に食べることを心がけましょう。

 

酷いと眩暈を起こして倒れてしまう恐れもあるので、空腹時の運動は控えてください。運動の内容ですが、あくまで軽いものです。

 

忙しくて運動の時間をあまり取れない人でも、通勤の際に最寄り駅から1駅離れた駅まで歩いたり、買い物の際に遠回りをしてみたりといった程度で充分です。

 

血糖値を下げることを目的とした運動では、有酸素運動が有効です。分かり易く言えば、息を切らすことなく話が出来てしっとり汗をかくくらいの運動量です。

 

どのくらい行うのかというと、15分以上が良いでしょう。とはいっても人によって適切な運動量や時間があると思うので、あまり無理をせずに自分に合った運動を行いましょう。

 

反対に、筋肉を鍛えたり短距離を走り込むなどという無酸素運動は、血糖値が下がる効果がないばかりか血圧を上げてしまうこともあります。なので、このような無酸素運動ではなくて有酸素運動を行う、というところだけ注意して行いましょう。

続きを読む≫ 2014/01/18 01:11:18

靴の選び方ひとつで、靴ずれを防ぐことができます。自分の足に合わない靴をいつまでも履いていると、延々と靴ずれに悩むことになります。サイズだけ合っていても、足の形に合っていないことは多いものなので気を付けてください。

 

自分に合っている靴を探すには、ポイントがあります。まず、靴を履いたときに、つま先に余裕があるかどうかを確かめてください。足先がぴったりフィットしているよりも、余裕があるほうがよいのです。

 

足の形にもよりますが、平均的には最低1cmくらいの余裕がある靴が最適です。そのくらいの余裕がないと、歩いたときに足がどんどん圧迫されてくるのです。足の指はまっすぐついているわけではないので、足先の余裕は絶対に必要です。

 

靴を履いて歩いたときに、靴がくるぶしに触れてしまうのも問題です。これは注意している人も多いかもしれませんが、確実に靴ずれになってしまいます。くるぶしの高さも、案外個人差があるものです。履いてみて、確認するより他ありません。

 

歩いてみてチェックするポイントも、あります。土踏まずがフィットしているかいないかは、歩きやすさに大きく影響します。足の甲が当たるかどうかも、チェックしておきましょう。

 

甲部分に関しては、余裕がなくフィットしているほうがずれにくくてよいのです。余裕があると、足が靴の中で動いてしまうので、靴ずれが起きてしまいます。

 

足の形には個性があるので、市販の靴で良いものが見つからなくても当然です。その場合は、オーダーメイドもおすすめします。高いとはいっても、長く履ける靴を持てるのは財産になります。

続きを読む≫ 2014/01/14 18:46:14